収入が無い専業主婦もキャッシングできる?

収入が無い専業主婦がお金を借りるためには、消費者金融系ではなく銀行系のカードローンに申し込む必要があります。

消費者金融系は、毎月安定した収入が無ければお申し込み手続きすら行えません。

しかし、銀行系のカードローンの場合は配偶者貸付制度を利用することができるため、仕事をしていなくて収入が全くない専業主婦もお申し込みできるようになっています。

インターネットや窓口、専用の契約機などから手続きができ、審査に通れば即日キャッシングにも対応している業者が多くあります。

消費者金融の総量規制とは

収入の無い専業主婦が消費者金融ではお金を借りることができない理由は、消費者金融の場合は貸金業法に基づく総量規制があるからです。

総量規制とは、年収の三分の一までしか金融会社は貸し出しを行うことが出来ないように定められている法律の事をいいます。

総量規制によって利用可能限度額の上限が変わるので、収入が多ければ多いほど限度額も高くなります。

銀行系のカードローンなら専業主婦も借りられる理由は、総量規制対象外に当てはまるからです。

夫(配偶者)に内緒でお金借りる事はできる?

収入が0円の専業主婦がお金を借りる場合、総量規制対象外である銀行系カードローンの配偶者貸付を利用してキャッシングできます。

配偶者(夫)に内緒でお申し込みをして融資を受けることが出来ますが、気を付けなければならない事は、毎月の利用明細書をWeb明細に変更することです。

Web明細にしておくと、自宅に明細書が郵送されることがありません。配偶者貸付でお金を借りた専業主婦が誰にも知られたくない場合には注意が必要です。

パートなどで収入がある主婦は消費者金融を利用できる!

パート・アルバイト・内職など毎月安定した収入がある主婦の場合は消費者金融からお金を借りることも可能です。

消費者金融系のキャッシングは金貸業法に基づく総量規制の対象となるため、利用限度額は本人年収の三分の一までしか利用することはできません。

消費者金融系キャッシングは、インターネットからのお申し込みだけでなく、専用の自動契約機が用意されているので、休日や夜中など急な出費が発生した時に即日キャッシングを利用できます。