1. >
  2. プロミスで主婦が借りるなら

プロミスで主婦が借りるなら

プロミスでお金を借りようと考えた時には、今の自分の状況をしっかりと確認してから申し込むことをおすすめします。

審査では、同じ主婦でも審査に通りやすい人もいれば、通りにくい人もいます。

これは、年収が同じ人でも違いがあります。

申し込みをするのなら、誰でも確実に審査に通りたいものです。

どのような人が審査に通りやすいのか、今の自分が審査に通りやすいのかをしっかりと確認することが、審査に通るための第一歩です。

どのような人が審査に通りやすいのか、利用できるようになった時にはどのくらい借りられるのかを確認していきましょう。

パートなどで安定収入のある主婦なら申し込むことができる

プロミスでは安定した収入があることがキャッシングを利用するための条件となっています。

この条件は、パートやアルバイト、派遣や契約など、雇用形態は関係なく、安定した収入があれば利用できるということです。

ただ、この雇用形態によって利用できる限度額などは変わってくると考えられます。

正社員であれば、簡単には解雇される心配もなく、それだけ安定した収入が得られると判断できます。

その点では、パートやアルバイトはそういった心配が高く、利用限度額も低く設定される可能性があると考えておく必要はありますが、パートでも利用できるというのは大きなポイントではないでしょうか。

出来るだけ長く勤務出来ていると有利

パートで働いている人で、審査に大きな影響を与えると考えられるのが勤続年数です。

この勤続年数が長ければそれだけ審査に通りやすくなります。

この点が、年収が同じでも審査に通りやすいか通りにくいかを別けるポイントとなります。

どうしてそんなに審査に影響をするのかと思う人もいるかもしれませんが、金融機関が注目するのは安定した収入が得られるかどうかです。

勤続年数が長い人ほど、そのまま仕事も続けられる人と判断されます。

勤続年数が短いということは、仕事に対して経験が少なく、仕事が続くのかどうかわからないという心配があり、勤続年数が数カ月といった人は審査には通りにくいと考えておく必要もあります。

パートだといくらまで借りられるの?

消費者金融では、パートなどの雇用形態は関係なく、利用できる限度額が決められています。

消費者金融では総量規制によって年収の3分の1までしか借りることができず、収入の3分の1までが利用できる限度額となります。

年収が120万円という人の場合には、40万円までなら消費者金融で借りられる金額となります。

しかし、誰でも限度額まで借りられるというわけではありません。

とくに初めての利用の人は、信用が低いため、最初は低い利用限度額となります。

しかし、キャッシングをよく利用していて、延滞などもせず確実に返済をしている人は、プロミスの方から増額のお誘いがあることもあります。