1. >
  2. プロミスから離れた主婦がとった行動とは?

プロミスから離れた主婦がとった行動とは?

総量規制がなかったころの消費者金融では、収入のない専業主婦でも利用が出来ていました。

収入のない人でも気軽に借りられていたころは、消費者金融を利用したことにより、生活が出来なくなるといった人が多かったため、消費者を守るために消費者金融のような貸金業者に総量規制という法律を作り、収入のない人には貸してはいけないことになりました。

しかし、今まで消費者金融でお金を借りられたことで、うまく家計を回していたという専業主婦も多くいたようです。

消費者金融でお金を借りられなくなった専業主婦は、様々な行動により、この現状を解決しようとしたようです。

夫の同意書を持って借りに来た

専業主婦が消費者金融を利用できなくなったことで、まずとった行動の一つが夫の同意書を持って借りに行くといった方法です。

総量規制では、例外というものが設けられています。

この例外では、夫の同意書や婚姻関係を示す書類、収入証明書を提出すれば、夫婦の年収を合算して年収の3分の1まで融資が出来るという配偶者貸付があります。

この配偶者貸付を利用すれば、収入のない専業主婦でも借りられるというものなのですが、プロミスをはじめ、他の大手消費者金融では、この配偶者貸付を採用していません。

そのため、夫の同意書を持ってお金を借りに行ったとしても、まず融資は受けられなかったと考えられます。

銀行系カードローンに借りに行った

それまで専業主婦が消費者金融を利用していた理由に、銀行ではカードローンが利用できなかったという点が挙げられます。

今では銀行でも、消費者金融のサービスと同じようなカードローンを提供していますが、以前はこのようなサービスがなかったために、多くの専業主婦が消費者金融を利用していました。

しかし、銀行でも、消費者金融と同じように利用できるカードローンが登場し、プロミスが利用できなくなった専業主婦は銀行系カードローンを利用して、突然の出費などに対応できるようになりました。

このように、収入のない専業主婦の場合は、銀行での利用が主流となっています。

闇金に借りに行った

プロミスに夫の同意書を持って行ったとしても収入のない専業主婦は利用出来ず、銀行に申し込んだとしても誰でも利用できるわけではありません。

そのため、プロミスなどの消費者金融や銀行で借りられなかった人の多くが、闇金を利用したと考えられています。

この闇金は本当にあるのかと思う人もいるかもしれませんが、今でも存在し、多くの人が利用したことで様々な被害を受けています。

どうしてもお金が必要なのに、どこの金融機関でも利用できないということになれば、闇金を利用してでも何とかしたいと考えてしまうのですが、この闇金を利用して問題が解決することはありません。

問題が解決するどころかさらにひどい状況に陥ることになるので、闇金の利用だけは避ける必要があります。